「ほっ」と。キャンペーン

昨年末から初めたC型肝炎治療

週1回のペグインターフェロン皮下注射と
毎日のリバビリン服用

皮下注射の副作用は1回目が39度の高熱だった割に
2回目は37度の微熱におさまり

「なぁーんだ、思った程大変じゃないかも~」と楽観視してました

・・・・がっ!!

昨日(1/17)5回目のペグインターフェロン皮下注射

3回目4回目と何の副作用もなかったので今回も余裕カマしてましたら

どよよーーーーーん

夜7時を過ぎたあたりからぐんぐん熱が上がり9時には38度を超える
身体が痛い、頭が痛い、寒気がするーーー

一瞬インフルか??と考えたけど

ちょっと待てよ。落ち着け。まずはお風呂に入らないで寝よう。

11時半に目が覚めて、体温を測ると37度に下がってる!
ふ~!なーんだ副作用か・・・・え??副作用??やだーこんなに頻繁に起きるの??
凹むなぁ・・・・・

でも凹んでも何も好転しないので気楽にいきましょーーーーー!!
f0065568_21254360.jpg
f0065568_21255727.jpg
f0065568_21261312.jpg

そうそう!わんずと遊んで楽しくしてればいつの間にか終わるさ♪


・・・・・そして今朝

夕べお風呂に入らなかったワタシ
社会人のエチケットとしてせめてシャンプーしなきゃって朝シャン(死後?)しましたら

がーーーーん

多めの脱毛・・・・・


負けないもーーーん(涙
f0065568_21293287.jpg

[PR]
by 0110ocean | 2012-01-18 21:29 | 肝炎治療でつ | Comments(16)

C型肝炎治療開始です!

12年前のG.W.に家族で七ヶ浜へ釣りに行き
コンビニのサバ寿司を買って食べた私は
夕方体中が痒くなってきたかと思うと
関節の内側の薄い皮膚の部分がみるみる赤く腫れ上がり
休日ということもあり仙台市立病院の救急外来へ直行しました

てっきりサバにあたっただけだと思っていたところ
C型肝炎ウィルスのキャリアであることがわかりました

しかし腫れやかゆみは翌々日にはすっかりなくなり
肝臓の値は通常の値に近く全く自覚症状もなかったため経過観察を続けてきました

そして時は流れ・・・・
当時決定的な治療法がなかったC型肝炎に有効な治療法が開発され
さらに国の補償により治療費の補助金が出るようになり

そして先日・・・・主治医の先生曰く
○十代と○十代とでは(とても明記できません)治癒率が大きく違うので
「そろそろ治療考えませんか」

今年はおねえももっちゃんもダブル受験の年だし・・・・と悩みましたが
長く休めるのはお盆かお正月しかなく
夏の治療はきついですよと脅かされてとうとう決心しました

12/18に入院し、20日からペグインターフェロンとリバビリンの併用療法開始です
昨日初めてのペグインターフェロンを午前11時頃に皮下注射したのですが
夜19時頃になりグングン発熱(涙)がっつり気絶

今朝は何事もなかったかのように平熱!!

2回目のペグインターフェロン注射は27日
その日の副作用次第では28日にも退院できるかもです

毎晩飲んでいたビールが恋しくなることもなく(謎です
テレビを見ながら「夜って長いんだなぁ」って過ごしております

ハイ
皆様のご想像通り

わたしの一番の不満はわんずに会えないことデス

おねえに送ってもらった画像を眺めて指をくわえています
f0065568_19523955.jpg


おじさんぽいつるちゃん(右後ろ脚に♥)に癒されています
f0065568_19513991.jpg

[PR]
by 0110ocean | 2011-12-21 19:56 | 肝炎治療でつ | Comments(28)